株式会社ガスパル

よくあるご質問 Q&A

ガス設備の調査について

  • Q1.ガス設備調査の案内状が届いたけど、実施しないとだめですか?

    ガス設備調査は室内のガス設備をお客様に安全にご利用いただくために実施している法定調査です。
    調査時間は15分から20分程度になります。何卒ご協力をお願いします。

  • Q2.ガス設備の調査は有料なの?

    弊社が実施する調査は一切費用を頂きません。

ガス設備のトラブル

  • Q3.急にガスが使えなくなりました。

    緊急の時(ガスが出ないとき)をご参照ください。

入居退去の手続き

  • Q4.入居をするときの手続きは?

    ガス使用開始希望日の1週間前をめどに、ご入居予定のアパート・マンションを担当しているガスパル販売所へ、直接お電話にてお手続きのご連絡をお願いします。
    なお、ガス使用開始時にガス器具の動作確認をいたしますので、電気と水道が使える状態にしておいていただきますようお願いします。

    【電話受付時間】
    平日: 9時~17時45分
    ※土日祝日および平日時間外にご連絡を頂いた場合は、コールセンターにてご連絡先を伺い、営業日に折り返しご連絡を差し上げます。
    ※3月・9月の引越しシーズンはご希望の日程でお受けできない可能性がございます。早目のご連絡をお願いします。

  • Q5.引越しをするときの手続きは?

    LPガスのご使用を中止される1週間前までに、『ガスご利用明細』に記載されているガスパル販売所へお電話にてご連絡ください。

    【電話受付時間】
    平日: 9時~17時45分
    ※土日祝日および平日時間外にご連絡を頂いた場合は、コールセンターにてご連絡先を伺い、営業日に折り返しご連絡を差し上げます。

    なお、ご使用中止(閉栓)のお立ち会いの際に、ご使用中止日までのガス料金を日割にて精算させていただきます。

ガスコンロについて

  • Q6.以前使用していた都市ガス用のガスコンロは、
    転居先のプロパンガス(LPG)でも使えますか。

    ガスコンロの適合ガス種と、供給されているガス種が異なると、危険です。
    不完全燃焼による一酸化炭素中毒、爆発着火でのやけど、機器が故障する場合がありますので、使用しないでください。

  • Q7.退居時にもガスコンロを外して貰えるんですか?

    はい、大丈夫です。
    退居時にも精算と同時にお客様立ち会いのもと、ガスコンロを安全に取り外しております。
    また、未使用となったガス栓の口にゴムキャップや閉栓カバーをお取り付けしています。

  • Q8.「Siセンサーコンロ」って何ですか?

    「Si」の「s」は、Safety(安心)、「i」はintelligent(賢い)センサーが搭載されたコンロです。
    全口に「調理油過熱防止装置」、「立ち消え安全装置」、「コンロ・グリル消し忘れ消火機能」が付いていて、異常使用時に自動的に火を消すだけでなく、温度調節、炊飯、調理タイマーなどお料理を上手にサポートする賢い機能をもった最新のコンロです。

  • Q9.火がつかない。
    火がついたのに点火ボタンから手をはなすと消えるのは、なぜですか?

    誤った取り付け方

    こんな症状の場合、次の3点をご確認ください。

    1.ガスの元栓は開いていますか?
    2.乾電池が古くなり、使い切ってしまっていませんか?
    使用回数にもよりますが、おおよそ1年程度が交換の目安です。
    交換は新品のアルカリ乾電池を使用してください。
    3.バーナーキャップが汚れたり、浮いたりしていませんか?
    煮こぼれなどで目詰まりをおこしていませんか。
    これらを確認してみて、それでも直らない場合は、
    最寄りの当社販売所までご連絡ください。

  • Q10.グリルは、魚を焼くこと以外に使えませんか?

    はい、水なしグリルならトースト、グラタン、ピザ、天ぷらやフライなどの温め直しなどにご使用いただけます。
    しかも、直火なので、ささっと手早く、さくっと焼き上がります。パンの他に、ピザを焼いたりもできます。

ガス料金に関して

  • Q11.都市ガスとLPガスの違いは何ですか?

    都市ガスは地下の配管を通してガスを供給しますが、LPガスは各建物にボンベを設置して供給します。また、都市ガスとLPガスでは成分が異なるため、都市ガスでLPガスと同じ火力を出す場合、2倍以上のガスを消費します。そのため、都市ガスとLPガスの単価を比較する場合はこの事を加味して換算する必要があります。

  • Q12.ガス料金の保証金は必要ですか?

    ガスパルではお部屋に入居された際に、保証金をお預かりする事はございません。
    ガス料金については、原則として毎月翌月にお支払いいただくことになっております。

  • Q13.ガス料金の支払いはどのような方法がありますか?

    銀行や郵便局等の各金融機関の口座自動振替、コンビニでのお支払い、銀行振込等があります。
    また、家賃と一緒にお支払いいただく「おまとめ請求サービス」にご加入いただく場合、クレジットカードもご利用いただけます。詳しくは最寄りの販売所までお問い合わせください。

  • Q14.ガス料金の計算方法は?

    ガス料金は、『基本料金』と『従量料金』の合計で求めます。なお、『基本料金』の内訳として『設備使用料』を頂いている場合があります。

    【計算式】ガス料金 = 基本料金 + (従量料金単価 × ガス使用量) + 消費税
    詳しくはこちらからご確認いただけます。

  • Q15.ガスを使っていなくても、基本料金は払わないといけないのですか?

    海外出張等の長期ご不在でガスを使用されない場合、ご連絡をいただければガスを休止できます。この期間の基本料金は請求されません。

  • Q16.以前、利用していた都市ガスの料金に比べ、
    同じ使用量なのにガス料金が高くなったのですが…

    ガスの種類には、大きく分けて都市ガスとLPガスがあり、ガスパルではLPガスを供給しています。
    都市ガスとLPガスとではガスの成分が異なり、LPガス1㎥あたりのカロリー(熱量)は都市ガスの約2倍です。よって、LPガスと都市ガスでは、同じ使用量であれば、LPガスの料金は、都市ガスの料金より高くなります。

  • Q17.同じようにガスを使っているのに、冬場になると使用量が増えるのはなぜですか?

    お湯になる前の水道水の温度は夏と冬とで大きく違います。たとえば、夏に25℃の水道水を42℃のお湯(17℃上昇)にするのと、冬に5℃の水道水を42℃のお湯(37℃上昇)にするのとでは、理論上、ガスの使用量は2倍以上のひらきがあります。それによりガスの使用量に変動がございます。

  • Q18.ガスを上手に節約する方法はありませんか?

    例えば、コンロと給湯器では、給湯器の方が多くガスを消費します。
    具体的には、シャワーでお湯を出しっぱなしにすると多くのガスを消費しますが、湯船にお湯を張って使用すると、大きく節約する事ができます。
    また、季節によって温度設定を変更するのも有効です。具体的には、夏場のシャワーの温度を39℃(低め)に設定する等、余分なガス消費を抑える事がポイントです。
    その他、節約に関するご相談があれば最寄りの販売所までお問い合わせください。

  • Q19.ガス料金の明細書を再発行してもらうことはできますか?

    ハガキの再発行はできませんが、書面での再発行は可能です。
    明細書の再発行が必要な場合は、最寄りの販売所までお問い合わせください。

  • Q20.輸入価格でガス料金が変わるのはなぜですか?

    ガス料金の従量料金は【仕入価格】によって価格が変動します。
    【仕入価格】の大部分は【輸入価格】が占めているため、ガス料金は【輸入価格】変動の影響で価格が変動するといえます。

その他のご質問

  • Q21.ガスを使えるようにしてもらう時に書類が多いのはなぜですか?

    LPガスは誤った使い方をするととても危険です。そのため、安全管理、緊急時の連絡先等、取決めや確認事項が多くあります。そして、それぞれに書類が用意されます。この事は「液化石油ガス法」第14条に記載されています。
    お客様に安全に、そして快適にLPガスを使っていただくため、契約の際にはご面倒をおかけしますが、何卒ご協力をお願いします。

  • Q22.集中監視システムとは何ですか?

    ガス設備に電話回線を接続して、異常を感知したら、即座に当社へ通報するシステムです。 お客様がガス機器を消し忘れてお出かけされた際には、この設備を利用して遠隔でガスを停止することもできます。