ガスパルHome > 企業情報 > 経営理念

企業情報

経営理念

先保後利。 全従業員の働きがいを追及し、保安を極め、豊かな社会の実現に貢献する。

経営理念に込めた想い

“先保後利”とは「お客様のために先ず保安があり、最上級の保安とサービスをご提供することで、利益は後からついてくる」という意味です。保安最優先を貫くガスパルの象徴としてこの言葉を掲げました。

ガスパルという会社は何のために存在するのか。それはひとえにお客様のため、そして社会のためです。働きがいのある環境を作り、良質なお客様サービスを生み出します。保安を極め、最高水準の安全・安心をお客様にお届けします。こうしたガスパルの企業活動によってお客様にご満足頂けたとき、利益は自ずともたらされ、そしてそれはガスパルにつながる全ての人々へ広がり、豊かな社会を形作ります。これがガスパルの目指す経営の姿です。

スローガン

よく努め、よく育ち、つながる人に幸せを。

「保安の日」宣言

全従業員が経営理念を共有・共感し、行動レベルで実践する為の合言葉として制定しました。

「社員の努力を支援し、成長の過程で生まれた幸せや成果をお世話になっている人々に還元する」というガスパルの志を示しています。

このスローガンの下、社員一人ひとりの力を結集し、経営理念の実践に全社一丸となって取り組んで参ります。

ロゴマーク

先保後利

「保」安を最優「先」に考え行動すれば、「利」益は「後」からついてくる。

そうしたガスパルの考え方を示した経営理念 『先保後利』 (せんぽこうり)を、親しみやすい字体を用い、コーポレートカラー(ブルー、オレンジ)に準じ印象的な色分けを行うことで、理念の主旨を表現しています。

  • 「保」の字にある「イ」(にんべん) は「人」=社員。社員の力が保安の力。
    また「人」=お客様。お客様を第一に考え行動する想いを表現しています。
  • 「利」の字にある「リ」(りっとう) は利益の「り」。
    企業として追求すべき利益はおのずと一番最後についてくる様を表現しています。

↑ページの先頭へ戻る