ガスパルHome > 【重要】ガスパルからのお願い > ガスくさいとき・警報器が鳴ったとき

【重要】ガスパルからのお願い

ガスくさいとき・警報器が鳴ったとき

ガスくさいとき・警報器が鳴ったときの対処方法

ガスくさいとき・警報器が鳴ったときは、ガスもれの可能性があります。あわてずに以下の手順で対処してください。

1まずは火を消す

使用中のガスコンロ、タバコやライター等の火を消してください。
まずは火を消す

2電気スイッチはさわらない

スイッチをON・OFFする際に、火花が飛ぶことがあり、危険です。
電気スイッチはさわらない

3窓や玄関を大きく開ける

風通しを良くして、ガスを外に追い出してください。
※換気扇はスイッチの入切が着火源となるため控えてください。

窓や玄関を大きく開ける
  • 換気のポイント
  • (1)足下まである大きな窓や玄関を開けてください。
    LPガスは空気より重いため下に溜まります。
  • (2)窓や玄関を複数開けてください。
    一つ開けただけではなかなか換気されません。
4ガス栓を閉める

ガスコンロの後ろにあるガス栓や、ガスメーターにあるガス栓を閉めてください。
※2口のガス栓が設置されている場合は、両方とも閉まっていることを確認してください。

ガス栓を閉める ガスコンロのガス栓

ガス栓を閉める ガスメーターのガス栓

5当社にご連絡を

お電話はガスのにおいがしない安全な場所又は屋外でお願いします。
担当者がすぐに伺います。ガス器具は使用せずそのままでお待ちください。

当社にご連絡を
  • 注意事項
  • 換気され、ガスのにおいが無くなっても、ガス器具や電気スイッチ等の使用はお控えください。
    当社担当者が安全を確認させて頂きます。
!緊急時の連絡先

ガスくさいなどの緊急の際は、いつでも当社までご連絡ください。

連絡先事業所一覧 担当事業所の確認方法

↑ページの先頭へ戻る