ガスパルHome > オーナーさま向け > 長期使用製品安全点検制度

オーナーさま向け

長期使用製品安全点検制度

長期使用安全点検制度の概要  平成21年4月1日より施行

製品が古くなると部品などが劣化(経年劣化)し、重大事故(火災や死亡事故)が発生する原因になります。そのため、経済産業省は特に重大事故の発生のおそれが高い9品目を「特定保守製品」とし、その製品を取り扱う関係者それぞれが適切な役割を果たすことで、経年劣化による製品事故を防止する制度を創設しました。平成21年4月より「長期使用製品安全点検制度」として施行されました。
長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれの多い以下の9品目について、点検制度が設けられました。

対象製品(特定保守製品)

  • 石油 石油給湯器
  • 石油 石油ふろがま
  • 石油 FF式石油温風暖房機
  • 電気 ビルトイン式電気食器洗機
  • 電気 浴室用電気乾燥機
  • ガス 屋内式ガス瞬間沸騰機(都内ガス用/プロパンガス用)
  • ガス 屋内式ガスふろがま(都市ガス用/プロパンガス用)

対象製品を購入された際には「所有者登録」のご協力をお願いします

特定保守製品を購入した際はメーカーへ「所有者登録」をお願いします。
所有者登録を行うと、標準の使用期間を経過した製品に対して点検通知が届きます。製品事故を防止する点検が適切に実施されることで機器は安全にご利用できます。
所有者登録のご協力を是非お願いします。

1

説明を受けましょう

販売者から点検制度についての説明を受けます。
※特定保守製品を設置した住宅を購入する際は、工務店や不動産販売業者等が販売者となります。

説明を受けましょう

2

所有者登録をしましょう

所有者票を販売者に渡すか、メーカーに郵送します。
賃貸住宅・アパートなどで特定保守製品を家主が設置・所有している場合は、家主が所有者登録してください。
所有者登録をしましょう

3

点検を受けましょう

点検時期が来ると、通知が届きます。メーカーに点検を依頼しましょう。
※点検には料金がかかります。

点検を受けましょう 
異常な音や振動、におい、点火しにくいなどの異常に気付いた時は、速やかに点検を依頼しましょう。 点検詐欺にご注意!!
点検の依頼をする前に、メーカーから点検に来ることはありません。

↑ページの先頭へ戻る